日本料理醇泉に今年初の国産松茸が入荷しました!

日本料理醇泉(じゅんせん)に今年初の松茸が届きました!

貴重な秋の味覚、じっくり味わいたいですね。

 

さて、日本料理醇泉では、国産松茸を贅沢に使用した
期間限定「松茸会席」をご提供しております!

 

松茸を炊き込みご飯や土瓶蒸しなど多様な味わいでお楽しみいただけます。

 

▼詳細はこちら!—————————————

期間:平成28年9月13日(火)~平成28年10月30日(日)
料金:17,280円(税込・サービス料別)
献立:毎年の季節に合わせた食材を使用したもの
※会場は一階個室、またはニ階のお座敷(室料別途)にてご利用頂けます。
※3日前まで・2名様からのご予約とさせて頂きます。
※お食事は松茸御飯にも変更可能です。2名様より(味噌汁、香の物付き)お一人様1,200円
ご予約の際にお申し付けください。
※お料理の料金にはサービス料として別途10%を加算させて頂いております。

【ご予約・お問い合わせ】
TEL 022-213-9155
WEB   ご予約フォーム

———————————————————–

秋だけの味覚をぜひお楽しみください^^

皆様のご来館をお待ちしております!

 

 

担当/門馬

春の食材をお届け ~「山菜」編~

 

 

仙台勝山館1階 日本料理「醇泉(じゅんせん)」では、
春の香りを感じさせる新鮮な山菜をたくさん入荷致しました!


人参や玉葱など、いわゆる「野菜」として栽培されているものとは異なり、
「山菜」は野生植物と言われ、味にやや苦味や灰汁があったりと、
食するには難があると言われてます。

しかし、その苦味やえぐみ、渋みなどが山菜独特の風味となり、
季節ならではの楽しみ方があることが大きな特徴です!

 

さて、今回入荷した山菜は、


・蕗(ふき)
・行者にんにく
・うるい
・コゴミ
・蕗の薹(ふきのとう)
・こしあぶら
・たらの芽
・あまゆり(あまどころ)

 

 

どの山菜も採れたてということで、とても美味しそうですね!

 

 

 

今回はこの中から、「コゴミ」をご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

《コゴミってどんな山菜?》

「山菜といえば」と聞かれ、すぐに浮かぶほど「コゴミ」は山菜の中でも定番といえる食材。
ですが、「コゴミ」とはどんな山菜なのでしょうか。

 

正式には「クサソテツ」といい、「コゴミ」というのは、そのクサソテツの新芽
旬は地域によって異なりますが、4月~5月がとても美味しい時期と言われています!

とても美しい緑の葉をしており、冬には地上の葉は枯れますが地下の株は越冬し、
春から初夏にかけて渦巻状の新芽が出てきます。これが「コゴミ」です!

 

「コゴミ」という名前の由来は、
出てくる様が人が前かがみに縮こまっているように見えることから、この名前がついたそうです。

言われてみると、人が前かがみになっているように見えてきますね^^

 

ちなみに・・・

中には、コゴミを「ぜんまい」や「わらび」と思われている方もいると思います。
ですが、色や形状、採れる時期も異なる、それぞれとても美味しい山菜です!

 

 

《コゴミってどんな味?》

コゴミには、ワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく
採ってきたばかりのコゴミなら生でも食べられます。

味も山菜ならではの苦味、渋みなどの強いクセなどは無く、
生の新鮮な物は少し独特の香りがありますが、
茹でたものはそれもほとんど感じなくなるそうです。

優しい歯触りが美味しく、噛んだ時に少しぬめりが感じらるコゴミ。
茎の部分も美味しいですが、コゴミは巻いている頭の部分がメインの食材と言えるでしょう!

 

主に、天ぷらや唐揚げ、おひたしや和物など
幅広い調理法があるのも特徴的!

個人的には、コゴミを入れたペペロンチーノがオススメです!
コゴミの独特の食感と、にんにくの相性は抜群です^^

 

 

 

 

日本料理「醇泉」では、コゴミはもちろん他の山菜もふんだんに使い、
昼・夜それぞれのコースにその時期にしか味わうことができないお料理を提供しております。

 

 

 

 

※写真はイメージです。

 

「季節に合わせたお料理をお出しし、お客様に様々な角度から四季を感じて頂きたい」
スタッフ全員、この言葉を口にしていました!
お客様にとって素敵な時間になりますよう、料理一品一品心を込めてお作り致します。

 

日本料理「醇泉」で、是非””を感じてみませんか?

 

今回ご紹介させて頂いた山菜の他にも、まだまだ旬の食材がたくさん!!
今後も入荷次第ご紹介して参ります!

皆様のご来館を、スタッフ一同心よりお待ちしております^^

 

《担当/田中》

———————————————————————————————————————————-

仙台勝山館 1階 日本料理「醇泉」
TEL:022-213-9155
昼/11:30~14:00(ラストオーダー )15:00(クローズ)
夜/17:30~20:00(ラストオーダー) 22:30(クローズ)
公式HP:http://www.shozankan.com/junsen/

———————————————————————————————————————————-

 

 

 

 

旬の食材をお届け~河豚(ふぐ)、鮟鱇(あんこう)編~

 

仙台勝山館1階 日本料理「醇泉」では、
旬を大切にしたお料理をお楽しみ頂けます。

本日は、現在ご案内しているお料理の中から、
醇泉厨房主任 庄子裕之おすすめの、
旬のお料理をご紹介致します。

 

 

【 河豚料理 ~河豚刺し~ ~河豚の唐揚げ~ 】

日本料理「醇泉」で使用している「トラフグ」。
食用河豚の中では最も美味しく、一番の高級魚として知られています。

 

こちらは、以前ブログでご紹介した 「河豚刺し」です。

仕入れや獲る時期の状態で、身の締まり方が違う河豚。

醇泉では、よりお客様に新鮮な河豚刺しをお楽しみいただくため、少し厚めに引いております。
そのため、コリコリと歯ごたえがあり、弾力のある食感をお楽しみ頂けます!

※引く:河豚料理では、河豚をを包丁で切ること。
身が粘り締まっているため引き切りをするところから、”引く”と言われています。

 

 

こちらは、油でカラッと揚げた 「河豚の唐揚げ」

油との相性がよく、油によって河豚本来の旨味を凝縮した唐揚げは、
特に骨と身の間に旨味がたっぷり!
カリカリの食感がたまらないと、中には手づかみで食べる方も^^

河豚料理の中でも定番である唐揚げは、ポン酢や塩をまぶして食べるのが一般的。
醇泉では、タラの芽の唐揚げと一緒にお客様へお出ししております。

 

こちらの2品は、「河豚会席」にてお召し上がり頂けます。
2月28日(土)までのご案内となりますので、お早めのご予約お待ちしております。

▼「河豚会席」の詳細はこちら

 

 

 

【 鮟鱇(あんこう)鍋 】

冬の代表的な鍋料理として東日本において広く食べられている鮟鱇鍋。

『西の河豚(ふぐ)、東の鮟鱇(あんこう)』と並び称されている高級魚の鮟鱇ですが、


実は、「食べられない所が無い」と言われるほど無駄の無い魚!

「7つ道具」と呼ばれるほど、身はもちろん、皮や内臓、エラなど、
骨以外は全て食べることが出来るのが特徴的。

 

鮟鱇の旬は11月から2月。
水温が低くなることで身が締まり、春先の産卵に向けて肝臓が大きくなることで
味が良くなると言われています。

 

そして、女性は必見!!!

鮟鱇には、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、コレステロール値を低下、
免疫力を強化するなどの効果があると言われています。
また、皮のゼラチン質に多く含まれるコラーゲンも非常に豊富で、美肌効果もバッチリです♪

 

 

 

 

 

 

 

醇泉でご提供している鮟鱇鍋も、
骨や目、口以外すべて使用し、コラーゲンもたっぷり!
あっさりしていてコクがある鮟鱇鍋を存分にお楽しみ頂ける一品です。

 

「鮟鱇鍋」は「料理長のおまかせ会席」の中の一例でございます。
仕入れ状態によっては別のお料理になる場合もございますので

予めご了承くださいませ。

 

 


料理人が一つ一つ丁寧にお皿に盛り付ける姿はとても美しく、
筆者も思わず取材を忘れ見入ってしまいました。

 

日頃なかなか食べることがない食材の数々。
この機会に、是非皆様でお楽しみ頂けると幸いです。

四季を感じながらのお食事を、是非  日本料理「醇泉」でご堪能下さい。
ご予約、ご来館を心よりお待ちしております。

 

※尚、本日掲載した料理写真は全てイメージになります。
料理内容の詳細につきましては、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

(担当:田中)

 

————————————————————————

 

 

 

URL:http://www.shozankan.com/junsen/

TEL:022-213-9155

営業時間 : 昼/11:30~14:00(ラストオーダー )15:00(クローズ)
夜/17:30~20:00(ラストオーダー) 22:30(クローズ)