ピッツェリア 三橋 特集第一弾!

  いつも勝山館ブログをご覧いただきありがとうございます。   今回は、今年2月にイタリア ナポリにて開催された 「真のナポリピッツァイオーロ認定試験」で合格を果たした、 ピッツェリアの料理人”三橋亨特集 第一弾“をお送り致します!   第一弾は、ピッツァ職人になったきっかけやこだわりをご紹介致しますので、 ぜひ最後まで御覧くださいませ^^         ピッツァ職人になったきっかけ                       「もともとピッツァが好きで、 イタリア料理を作りながらピッツァの食べ歩きをよくしていました。 そんな中、真のナポリピッツァ協会認定のお店に食べに行ったことが ピッツァ職人になるきっかけとなりました。」   認定店 店主の「仙台といえばパドリーノだよね」という一言で ピッツァを提供していた頃のパドリーノ・デル・ショーザンに初来店をしたそうです。 ※現在パドリーノ・デル・ショーザンではピッツァのご提供はございません。 「そこで、現在ピッツェリアの料理長をしている千葉のピッツァを食べて とても美味しいと感動し、ピッツァ職人に強く興味が湧きました。 その後、真のナポリピッツァ協会日本支部が開催した石巻でのピッツァ炊き出しに参加し、 ピッツェリアのオープン時に声をかけてもらい ピッツァ職人への一歩を踏み出すことができました。」     ピッツァ作りの面白さ                     「生地を伸ばして、具材を乗せて、焼く・・・ピッツァ作りは作業的なことが多いんです。 何も考えなくともピッツァは作れますが、”ただ出来上がったピッツァ”になってしまいます。 普段の作業をどれだけ分解して考え、掘り下げられるかが ピッツァ作りの楽しいところだと私は思います。」 ピッツェリアで働くことで技術や体で感じるものを学び、 さらに、ピッツァに関する文献や雑誌などを読み独学での勉強もしたとのこと。   「だからピッツァは食材や製法が同じでも出来上がりは十人十色。 その人のピッツァが出来上がるんです。奥が深すぎますね!(笑)」   ピッツァ作りへのこだわり                     「”真のナポリピッツァ“らしいピッツァを作りたいと思っています。 真のナポリピッツァ協会認定店でも、店舗によって味、食感は異なります。   そこで、私はなるべくイタリアで食べたピッツァに近づけたものを作っていきたいです。 そのためには、食材選びから水の硬度までこだわり、 どのように表現していくかが今後の課題だと思っています。 スタートラインに立ったばかりですが、 より良いものを食べて欲しいという思いは強く持っています。 ぜひ、日々の変化をピッツァを通して感じてください。」   ピッツァ職人としてのスタートを切り、 「自分のピッツァ」の確立のために日々努力を惜しまない三橋。 今後どのような進化を遂げるか、皆様ぜひご注目くださいませ!     ピッツァ職人三橋の原点をお伝えした特集第一弾はいかがでしたでしょうか。   第二弾は、今年2月にイタリア ナポリで合格を果たした 「真のナポリピッツァ協会認定 ナポリピッツァイオーロ」に フォーカスを当ててお伝え致します!皆様お楽しみに^^ (担当/菅原) ————————————————————————————————————————- ピッツェリア・パドリーノ・デル・ショーザン 宮城県仙台市青葉区上杉2-1-50 仙台勝山館 1階北側 TEL:022-213-9220 ※ご予約はディナータイムのみ承っております。     【 営業時間 】 ランチ / 11:30~15:00 ※ラストオーダー14:00 ディナー/17:30~22:00 ※ラストオーダー21:00 【 ホームページ 】 http://www.shozankan.com/pizzeria/index.html    

『お客様に合ったワインをお届けする』お客様への想いが込められたSHOZANワインリスト

勝山館1階イタリアンリストランテパドリーノ・デル・ショーザンでは、
ソムリエが星の数ほどあるワインの中からピックアップしてワインリストを作成しております。

 

 

パドリーノ・デル・ショーザン
マネージャー兼ソムリエ
門馬 寿裕

 

ショーザンのワインリストの特徴、
それはイタリアワインの豊富なラインナップ。

南北に伸びるイタリアは、20州の地域で構成されています。

 

 

 

 

 

ワインは、州によってぶどうの品種も味わいも様々。
地域ごとの強い個性がイタリアワインのおもしろいところです。

「ワインリストではイタリアらしさを大切にしています。地域ごとの特徴をとらえつつ、
バランスよく20州のワインをご提案していきたいですね。」

20州のワインを提供できるのは、
1万本以上のワインを保管できる大規模セラーとソムリエがいるショーザンだからこそ。
イタリアワインが好き!という方はもちろん、
幅広いライナップから、ワインが初めて!という方にもお楽しみいただけるはずです。

 

さて、5月1日より開催しております、『北部イタリアワイン特集』のワインリストでは、
イタリア北部の山麓地帯でピエモンテ州を除いた5州のワインをピックアップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントのワインリストはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワインのラインナップは、矢島料理長がつくる料理1品1品、
そしてお客様それぞれのお好みに対応できるよう
幅広く設定しています。
その時の状況に応じてベストなワインをご提案できるよう、
お客様とのやりとりを大切にしていますね。」と門馬マネージャー。

ざっくりとした地域ごとの特性があるものの、
同じ北部のワインであっても、
芳醇か軽やかか、凝縮しているかさらっとしているか、など飲みくちや味わいが全く異なります。

それぞれのワインの個性を理解し、
お客様のお好みに合わせたご提案ができるのはソムリエの技量があるからこそ。

 

 

「お客様との会話はとても楽しいですね。
ワインや料理はもちろんの事、
会話を通してお客様のお好みを理解した上で
提案につなげていくことを心がけています。」

 

 

 

 

 

 

お客様への想いが常に根底にある門馬マネージャーの心意気を感じます。

ワインを愛し、お客様への想いを常に忘れないソムリエがいる
リストランテパドリーノ・デル・ショーザン。
ショーザンにお越しの際は、ワインに関することはもちろん
ぜひお気軽にショーザンソムリエにお声がけくださいませ!

 

そして、6月からは『南イタリアワイン特集』を開催予定!
初夏のお料理を北イタリアワインと南イタリアワンそれぞれで合わせたらどうなるか?
という今回の北部イタリアワイン特集とつながりがあるイベントとなっております。
詳細はまた追ってご紹介させていただきます!
この機会に飲み比べてみてくださいね!

 

お客様においしく、そして楽しく食事をしていただきたい、という想いがあるショーザンワインリスト。
今後もお客様に新しいワインの味わいや魅力をお伝えできるようなラインナップをご提案してまいりますので、乞うご期待です!

(担当/門馬)

—————————————————————————————————

▼イタリアンリストランテ パドリーノ・デル・ショーザン
営業時間
Lunch /11:30~14:00(ラストオーダー)15:00(クローズ)
Dinner/17:30~20:00(ラストオーダー)22:30(クローズ)

ご予約・お問合せ/022-222-783
http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/