• 採用情報トップ
  • ご挨拶
  • 仕事紹介
  • 募集要項
  • キャリアパス
  • 組織図
  • 会社概要・沿革

営業の仕事

採用情報HOME > 仕事紹介 > 営 業

マネージャー
佐藤 竜士(2005年入社)

お客様と仙台勝山館をつなげる
 “思いの架け橋”としての役割を担う。
弊社の営業は、単にモノを売る仕事ではありません。
私たちが売る「商品」は、そのお客様のためだけの華やかな会場であり、伝統に裏打ちされたお料理であり、洗練された質の高いサービスだと考えております。
そして営業に際しては、初めは漠然としたイメージでしかないその「商品」を最大限に具現化するということを常に心掛け、そしてここが最も大切な部分なのですが、どのようにご手配をしたら最もお喜びいただけるのだろうか、と考えながらご提案をしております。
具体的には、お客様からいただきますお問い合わせへの対応や、各企業様を回り会議や懇親会、周年事業や各種イベントに合わせた提案営業を行います。受注後は、お見積書から、ご予算に合わせたお料理内容、会場レイアウト、当日の進行まで、お客様と一緒に“最高の瞬間”を作り上げていくのが私たちの仕事です。
また、お客様との打ち合わせに並行して重要なのが、社内関連各部署との折衝ですね。
「地場食材をふんだんに使用した料理にしてほしい」「特別な演出をしたい」など、お客様の、そのご案件に掛ける熱い思いやご要望を予算内でどこまで叶えることができるかが腕の見せ所。
対人折衝力、コミュニケーション力が非常に求められる部署だと思います。
 形に残らない代わりに、
  “心に残る” それが私たちの商品。
お料理やサービス、案内役のインフォメーションなど、それぞれの持ち場で出来得る限りのおもてなしを行ない、何カ月にもわたって担当してきたご案件が無事に終わりを迎え、幹事様より「本当にありがとう!」という感謝のお言葉をいただく時に、この上ない達成感を味わえますね。
お客様にそうしたご満足をいただけるのは、日頃より“勝山館らしさ”を追求する社員教育の賜物だと私は思います。
お料理のクオリティやサービスの質の高さ、内面からにじみ出る素敵な笑顔。それは「伝統」と「格式」という目に見えない看板を全社員が背負い、誇りを持って務めているからではないでしょうか。
形に残らない代わりに、私たちの商品はお客様の心に、記憶に、ずっと残ります。
お客様がご満足される姿を見て、私たちが感動する。そうして私たちが得た感動を次のお客様へと伝播させてゆく。
そこに、この仕事のやりがいがあるのだと思います。
今後は、営業としての使命である売上目標を達成し続けること、そして競合他社に負けない仙台勝山館ならではの独自性、総合力をより追求し、更に高めていきたいです。