今こそ楽しんでほしい、ソムリエおすすめ赤ワイン

仙台勝山館の《リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン》。
その自慢の料理と合わせて楽しみたいのが、ソムリエおすすめのワインです。
今回はショーザンの開米ソムリエに、ぜひ皆様に楽しんで頂きたい1本についてお話を伺ってみました!


リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン ソムリエ
開米 正人

ホテルやレストランに従事し、2005年にソムリエ資格を取得。
その後、豊富な知識と更なるワインの魅力を伝える場を求め、輸入会社にてワインを販売する側へ。
多様な売り場と関わり、その経験を生かし改めて店でのソムリエに。
ワインラウンジを経て、2017年4月より現職《リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン》にて従事。

 

<おすすめワイン>
ブリッコ・ロリッソ・モンフェッラートDOC(2007)
■産地:イタリアピエモンテ州
■生産者:ガラリン(GALARIN)
■葡萄品種:バルベーラ90%、カベルネ・ソーヴィニオン10%

このワインは非常に丁寧な作りで、作り手の愛情が伝わる優しい味わいが印象的な味わいです。
酸味・果実味・渋みのバランスが良く、とても飲みやすいのが魅力。
約10年熟成し、芳醇な香りと柔らかな仕上がりの今がまさに飲み頃のピークと言えます。
ぜひショーザンにて肉料理とのアッピナメント(食べ合わせ)を楽しんで頂きたいワインです。

 

初めてのワインを口にする時は出来るだけ先入観を持たずに味わいを楽しむため、あまりワインの情報を調べずに飲むようにしています。

1番大事にしている事は、ワインを飲んだ時にブドウ畑がイメージ出来るかどうか。
作り手がいかに丁寧に畑を扱ってブドウを育てているか・どのような気候や土壌で育ったものか、イメージが沸きやすいワインが好みです。
皆さまへ味だけではなく、作り手の想いや世界観をお伝えしたいと考えています。

 

今まであまりワインを飲まれた事の無い方にもぜひ楽しんで頂きたいと思っております。
お料理に合わせおすすめをご用意させて頂きますので、お気軽にお声がけ下さい!

 


▼リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン

◎本日~2月12日(月)は【ディナーのみ】営業
◎2月13日(火)は休館日
◎2月14日(水)より《完全オープン!》
http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/
お問い合わせ:022-222-7834
http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/index.html

寒い季節に、身も心もあたたまる一皿を。

【リストランテ・パドリーノデル・ショーザン】

春の日差しが感じられるのはもう少し先。
まだまだ冷え込みが続くこの時期におすすめなのが、

『本日の鮮魚の炭火焼き 自家製コンソメのスープ仕立て』です。

その時期にあった旬のお魚に、熱々のコンソメスープをお客様のテーブルの場で注ぎ仕上げさせて頂きます。
ふわっと立ち上る豊かな香りと、旨み広がる味わいで心も体も温まります。

本日の鮮魚の炭火焼き 自家製コンソメのスープ仕立て

 

お越しいただいた時期に合わせて旬のお魚でご提供させて頂きます。

ぜひお越しくださいませ。

 

▼リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン
http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/
お問い合わせ:022-222-7834
http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/index.html

年末のご挨拶と季刊誌のご案内

クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。
当館の周囲にもすっかり白一面の雪景色。
本格的な冬将軍が到来しましたが、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。

 

さて、仙台勝山館では現在、当館の魅力満載の季刊誌1~3月号を作成中です!
今回は各レストランで使用できる嬉しいウェルカムドリンククーポンつき。
季刊誌は各レストラン受付、ロビーで配布しております。
発行は1月中旬を予定しておりますので、ご来館の際にはぜひお手に取って頂けますと幸いです。

 

 

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。
—————————————————–
▼仙台勝山館
12/28(木)~1/4(木)
※ブライダルサロンは12/28、29営業

▼リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン
12/30(土)~1/4(木)

▼醇泉

12/27(水)~1/4(木)

▼ピッツェリア パドリーノ・デル・ショーザン
12/30(土)~1/4(木)
——————————————————

来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。

それではよいお年をお過ごしくださいませ。